ピョンとララの花*花猫日記// 手話でララ君とお喋り、奮闘中!
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/09/22 (Wed) 声もかすれ、ギャ~~~~と・・・

昨日まで頭がおかしくなりそうなくらい、大変な日々でした。
とくに昨日の朝は最悪状態のピークで、
声もかすれ、ギャ~~~~と叫びたくなる気も怒らないほど憔悴していました。

でも、体重は、みんながうらやましがるほど減りました。
黒猫ナナちゃんの看病前の時の体重からくらべると、7キロ以上痩せました。
まあ、いかにマーサの身体に贅肉がついていたかということなのですが・・・・、
で、今は昔の平均体重に戻り、これだけが介護をはじめて嬉しいことです。(苦笑)

今日は、今までの努力が報われ、彼女にちょっと笑顔が戻り、食事も少し食べてくれるようになり、ホっです。
それまでは、もうひっぱたたきたくなるくらい、姉の罪のない暴言にズタズタニ心も引き裂かれ、打ちのめされ、もちろん、日々の生活状態はつきっきりの状態で忍耐の限界はすでに通り越し、ちょっと気を許すと涙がすぐ出てきて心身ともに危うい状態でした。

今までは、母が主に姉の面倒を見ていたのですが、もう私がこれからすべての面倒を見ることに決め、9月の始めから滞在していた母も静岡に帰しました。姉の介護の仕方で、毎日母とケンカで、ただでさえで母と姉のこちらでの生活のすべての面倒だけでアップアップの状態なのに、もうひどい状態でした。
料理も朝昼晩、姉の事を思い半端じゃなくまじめに栄養も考えた美味しいご飯を作っていましたからね・・・。
母は、食欲旺盛でよく食べていました。

自分で言うのも何ですが、ほんとうによく考えられた食事のメニューなのよ。
しかし頑張りすぎは、だめ!


そんなに頑張っているマーサなのに、母は自分の意見は譲らず、ケンカもひどくなるばかり、疲れは何倍にもなり・・・ついに「帰って下さい」と言ってしまったマーサなのです。
(マーサは口は悪いが、けっこう線は細くデリケートなので・・・・。)


母が帰って、ケンカの時間がなくなっただけでも、楽です。
でもその分姉のすべてを看なければならないので大変ですが、ケンカするよりズッとましです。
母が帰った日は、洗濯も4ラウンド(姉がお漏らしをしたので)、翌日は2ラウンド。
洗濯とそうじをしまくり、そして気分を変えるために姉の髪も短く切って散髪も・・・

とにかく母のめんどうの味方の結果が今の状態を引き起こしているので、
母を姉の介護から外したというわけです。
その方が母にとっても多分良いと思う。
姉の介護をして、母が骨折でもしたら、それこそ大変。

ひどいかも知れないけど、母を姉の介護から外すのは、姉にとってはひどくない。
今は姉の事を最優先で考えているので、母にもそう説明したけど、・・・?????。

まあ、母も今月84才のなったので、母の元気度から言ったら立派で、母もよくやってくれたのですが、自分が長年看てきたという思いから自分のやり方が正しいと言うことを譲らないので問題が生じます・・・・。
私の母に対する言い方も優しくないのかも知れませんが、しっかりもののがんこな母親なので、ことごとく意見が対立します。
実家での姉の生活は、長年居たところなので目が不自由になっても感で動くことができ、逗子の我が家で生活するよりも姉はズッと自由がきき、介護も半分の楽さでできていたのですが、いつも姉の身体の状態の変化に気がつくのは私で、危機一発で最悪の状態になるのを乗り越えてきました。母が看ていたら、あと1年くらいで姉は死んでしまうかも知れないという危機感を今回は感じたので・・・。


まあ理由はそれだけではないのですが、これからズッとマーサがすべてを看ることに決めました。
姉は、今58才と九ヶ月・・・多分ダウン症の人たちの中では、かなり長生きしていると思います。

とりあえず、姉の最後の時間を少しでも楽しいものにしてあげたいと願っています。そのために、自分の生活はしばらく捨てる事に決めました。ララ君は、とてもいい仔になりましたが、相変わらずマーサのお花の鉢にウンチを次々として植木をだめにしていくのだけが、ダメオ君です。



9月もあと少しで終わり。
今月は姉を病院につれて行き、また念のために違う病院でも診てもらい、再検査をして身体の状態を色々調べてもらったり、介護の申請やらなにやら、ものすごいたくさんのことをひとりでこなした。我ながら、ほんとうに良くやったと、自分で自分を褒めてあげたい。病院で最後の診察を終え、ソファーに座って名前を呼ばれるのを待っているときには、大仕事を終えた気がして、涙がこぼれてきました。(この時は病院で七時間以上もいたのですが、いや~~~ほんとうにきつかった)


でも、大変な時もいつかは終わりが来るときがあります。

ネ、ララ君!
ララ君もお耳が聞こえなくてさんざんマーサを悩ませてくれたけど、今はもうララ君の扱いも慣れてきたし、ララ君も自分の生活の仕方がわかってきて、大丈夫だものね。

介護の申請が降りたら、もっと楽になるはずだから、とりあえず倒れないように頑張ろう~~~。

n_20100808_082.jpg


朝陽の中のララ君でした。


と書いているうちに、朝になってしまった。
もう寝る時間ないなあ~~~。

じゃあ、おやすみなさいで、おはよう!

おかしな文章があるかも知れないけど、このままアップします。


最後まで読んで下さりありがとうございました。

応援クリック、ピョンピョンと2回、よろしくおねがいしま~~す。

       ↓↓↓

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 猫ブログへ

ダウン症の姉 | comment(8) |


<<劇的な1週間 | TOP | そして1日が始まる>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

ご苦労様です!!
ほんとにマーサさんはがんばり屋さんですね。
ブログ書く元気が出ただけでも良かったです。
明日から涼しくなるらしいからお風邪などひかないようにね。
私は数日前からのどが痛み始め夕べピークに。
寝る前に念入りにあごの下→耳の後ろ→首の上から下→鎖骨の上
、それと脇の下、とリンパマッサージを念入りにしたら今朝は痛みが取れていました。
このリンパマッサージはエステをやっている友達に教わったのだけど、喉の痛みにも効くような勘がしてやってみたのがドンピシャでした。
詳しいやり方はちょっと難しいのだけど、輪を描くように指圧するの。
もしちょっと具合悪いなと思ったらお試しあれ!

2010/09/22 10:16 | 本牧猫あらためhana [ 編集 ]


追伸 

リンパマッサージ疲れた時にしておくと風邪の予防になるかもって話でした。

2010/09/22 13:07 | hana [ 編集 ]


 

お疲れ様です。
介護の大変さはやったものでないとわかりませんよね。お母様も高齢なのに頑張られました。
マーサーさん頑張りすぎない事をお勧めします。
手抜きが一番です。自分で抜け道を一杯作っておきましょう。
私は、遂に母を施設にいれることにしました。
16年みましたが、今まではなんとかベッドの横のトイレにいけましたが、今はいけません。
私の言う事を聞かず、歩行器で段差のあるところで
転倒し骨盤骨折で寝たきりになります。
日中、ひとりぼっちになる母の安全を考え、歩いて5分の施設に入所予定です。心は痛みますが、最善の策とおもってます。マーサーさんも無理なさらないでくださいね。

2010/09/23 03:22 | きらり [ 編集 ]


 

介護申請され良かったです
すべてを診てくれる訳では無いのですが
その間に体を休めたりなさってくださいね

自分が80歳を過ぎて介護は無理と思いますね、
お母様、良くやられていたと思います

マーサさん、くれぐれも頑張らないように

2010/09/24 13:49 | とも [ 編集 ]


 

ララ君の画像超キュート!!

2010/09/24 13:50 | とも [ 編集 ]


 

マーサさん、本当にお疲れ様です。
そしてマーサさんとの意見の違いはあるでしょうが、84歳になられたお母様も本当に良く頑張ってこられました。

大変な時もいつかは必ず終わりが来ます。(私もそう思っています。)
神様はそうそうマーサさんに試練ばかり与えるとは思えませんもの。

介護申請がおりて多少ご自分の時間が持てるようになったらお身体を休めてくださいね。
そして、ピョンちゃんとララ君をたくさん癒し、ピョンちゃん達にたくさん癒されてください。

皆さんが心配されているように、どうぞくれぐれも頑張り過ぎないように。

2010/09/25 01:16 | ひなママ [ 編集 ]


 

みなさ~~~ん、いろいろご心配おかけして申し訳ありません。
皆さんには、深く深く感謝しております。

とりあえず、頑張っています。

2010/09/25 21:51 | マーサ [ 編集 ]


 

henlyさん、コメントありがとうございます。本当に、介護の中で様々なことを学びますね。henlyさんは、優しいお兄様だったのでしょうね。今自分にとって何が一番大切か、そして,今姉にとって,彼女の残された人生の中で私がしてあげられることがとても必要なことだと思っています。猫も,姉も、むしろ姉の方が弱者です。弱者には,無条件で守ってあげる人が必要です。そんな姉を守りたいと心から思っています。自分の人生のうちの何年かを彼女に捧げてもいいかなと思っています。どこまでできるかわかりませんが・・・。正直,今のままでは自分の時間がまったくありませんし、いつも頭のどこかで私の人生は?と考えてしまいます。でも母に宣言した時は,覚悟を決めてのことでした。少しづつ自分の時間を見つけ,これからのことを考えていきたいと思っています。
henlyさんも、妹さんのぶんも生きて、たくさん幸せになってください。

ララ君は,何故か姉がすごく好きみたいで不思議です。
(横山先生はなしにして下さい。面食らってしまいます。)


2010/09/26 01:56 | マーサ [ 編集 ]


| TOP |

黒ねこ時計 くろック A01




お知らせ

8月12日発売の雑誌「猫びより」に、ララ君初登場。赤ちゃんからの半年をまとめて見ました。とっても可愛いので、ぜひご覧下さい。



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



猫たちのご紹介

ピョンちゃん
7f71p4b0-1.jpg
ピョンちゃんが、2006年8月の終わりに我が家に来たときは、生後二ヶ月で200gしかなかった栄養失調のガリ仔ちゃん。本名は、ツイギーシュール。

耳の聞こえないララ君
1.jpg
ママと一緒の大切な写真


我が家の仔になって12目のララ君
2.jpg


半猫人のマーサ

人間界では、写真家。お花が大好き。2006年に東京から猫のユウちゃんと逗子にお引っ越し、今に至る。写真は、2010年の誕生日に、めでたく猫耳が生えた記念に。


(C) 2009 Masami Yokoyama All Right Reserved  当サイトの全ての写真・掲載情報の無断転載を禁じます




カテゴリ




最新コメント



FC2カウンター



著書

【僕の空、ルシエール】横山正美
2009・幻冬舎より 224p・オールカラー

middle_1250520265.jpg

10年以上の月日の中で撮った写真のなかから選んだ、美しい空の物語。窓辺から見上げた日常の空に、こんなにも美しい空があることを誰も知らないでしょう。日々の小さな囁きの言葉をそえて。



リンク



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。